< body>
狼.陛下の花.嫁の二次創作です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
穏やかな日々に
2016年10月14日 (金) | 編集 |
君を正式に妃に迎えた。
あれから数ヶ月。
今こうして毎日君の顔を見て眠りにつき、
朝は君のぬくもりを感じながら目覚めることが出来る…
1年前には考えてもいなかった。

正式に妃を迎えるなんて、そもそも僕の人生には無縁だと思っていた。
何もかも諦めた僕に、君は光を灯してくれた。

可愛くて、面白くて、眩しくて、愛しくて…

毎日クルクル変わる表情を見ているだけでこんなに幸せを感じることが出来るなんて、それが僕にとってどれだけすごいことか、君はきっと知らない。


老師が持ってきた後宮の本気。
あれを見た時の君の動揺が忘れられず、未だに先に進むことが出来ない。

我慢してないと言ったら嘘になるかもしれない。

でも、僕は君の心が欲しい。
何よりそれが一番だ。
だから徐々に、ゆっくり本物になって行けばいい。
それも本心だ。
君の心が僕に追いつくまで、僕は待てるよ。今までこんなに待ったんだから。


正式な妃になっても、それじゃ何も変わらないと思ってるのは老師だけだ。

夕鈴は懸命に僕の隣に立つように日々努力をしている。
その心一つが僕にとってはすごく嬉しい。

何も飾らず、奢らず、そのままの君がいつでも傍にいてくれる。
それだけでこんなにも心が安らぐ。

君が時々抱きついてくれる。
好きだと言ってくれる。
それだけでもどれだけ嬉しいか、
僕だけが好きだという気持ちを持ってるわけじゃないってわかることがどれだけ幸せか。

もちろん、君の覚悟ができた時には容赦しないけどね。

だから今はこの穏やかな日々に、
君という陽だまりに浸らせて。

時々、可愛すぎてついつい襲いたくなっちゃう時もあるけどね。
ま、それも本心かな。

「うん…へいか…す…き」

こんな寝言一つで邪な気持ちがふっとぶなんて、どれだけ君に溺れてるんだろうね。

「うん、僕も愛してるよ、夕鈴」

そして今日も君のぬくもりを抱きしめて眠りにつく。


* * * * * * *



こんばんは。
久しぶりに帰りの電車の中での一発書きです。
どうも最近色々疲れているせいか、
ピュアな穏やかなお話をふと書きたくなりました。

陛下目線てこんな感じかなと。

しばらく書きたい気持ち出てこなかったので、徐々にリハビリしていけたらいいなぁと思います。

スポンサーサイト
狩りシリーズ ブドウ狩り
2016年10月02日 (日) | 編集 |
こんばんは。
もう少しと言いつつだいぶ空いてしまいました。

先月始めにブドウ狩りに行ってきました。
元々は昨年冬に行ったキウイ農園。
秋にはシャインマスカット狩りが出来るということだったので
楽しみにしていたのに、今年は狩れるほど出来なかったらしく中止になりました。

それでやめないところが狩り部。
別の場所を探して行ってきましたよ。
幸い、そこからも、いつもいく、サクランボ、桃農家さんともすぐ近く。
というか通り道だった。

さて、今回の狩りは誰がどうなるのか。
例によってこの時代に巨峰やらピオーネがここにあるのか?というツッコミはなしで。
ではどうぞ。


[READ MORE...]