< body>
狼.陛下の花.嫁の二次創作です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小犬の黎翔さん 番外編 夕鈴の誕生日
2015年12月24日 (木) | 編集 |
こちらは先日行ったカラオケ屋さんの名物ハニートーストを題材に何かお話をと書いたものです。


【いつもながら性格捏造、キャラ崩壊しています】
【今回は陛下と紅珠が、変身しています】
【本編より少し先の時期設定です】
【紅珠は黎翔の小犬化も、浩大が隠密だということも知っています】




「わぁすごい!たくさん種類があるのねー」

目の前のメニューにずらりと写真入りで並んでいるのはこの店の名物ハニートースト。
パンを半斤分使い、生クリームやアイス、果物などをのせて上からたっぷりのメープルシロップがかかっている、いかにも女の子が好むもの。

それを見て、夕鈴と紅珠は目を輝かせていた。

今日2人はこのハニートーストが名物のカラオケ店に来ていた。

「ねー、いくつ頼むの?俺は1人で1個でも食べられるよ。まさか全員で1個ってことはないよね?」

「食べ過ぎだ、浩大。あ、これ夕鈴みたいだよ。ほら、プリンをイメージして、アイスにキャラメルソースがかかってる。
白い肌に茶色の髪で甘くて美味しそうなんて夕鈴そのものだよね」

「ななな、何言って!」

「それよりはお姉様、こちらの方が素敵ですわ。
イチゴが乗っていて、バニラアイスをお餅のクレープでくるんであってそこに赤いイチゴソースがかかっているなんて見た目が可愛らしくてお姉様にぴったり!」

「氾 紅珠、夕鈴は君の姉ではない。それに夕鈴にはこっちの方が似合う!」

「まぁまぁまぁ、どっちも頼めばいいじゃん。せっかく遊びに来たんだしさ。ほら、軍人さんだって食べるよな。」

そう、夕鈴、紅珠の他には黎翔、浩大、克右が来ていた。

今日は夕鈴の誕生日であり、それを知った紅珠がお祝いをしたいと言い出したところ、浩大がここに行ったら楽しいんじゃないかと調べてきて、当然黎翔も付いて来ることになり、克右も駆り出されたという訳だった。

「ところで浩大さん、よく知ってましたね。それにカラオケって、歌えるんですか?」

「俺を誰だと思ってるのかなー?優秀な隠密だよ。こっちの世界に違和感なく溶けこめるようあらゆることに精通してるんだよね。
よし!まずは1曲、あ○しの『愛をさ○べ』ほらほら、軍人さんも踊ろうぜ!」

そう言うと無理やり覚えさせられたらしい克右は諦めたように立ち上がった。

2人の歌と踊りを楽しそうに見ていた夕鈴の両隣では黎翔vs紅珠の火花が散っていた。

(「おい、いい加減夕鈴の腕を離せ」)

(「嫌ですわ。お姉様は私がお守りするんです」)

(「私と夕鈴の仲を応援するんじゃなかったのか」)

(「ですが、お姉様は黎翔様の婚約者ではないと言ってましたわ。もしお姉様が迷惑だと思っているなら私が代わってお守りします!」)

(くっ!)

確かに夕鈴への想いはまだ一方通行なところを突かれた黎翔は口では勝てないと思い、すかさず小犬に変身すると

「あ、夕鈴、ほっぺにクリームがついてるよ。」
というとペロッと頬をなめた。

「ひゃっ!」

見た目はかわいい小犬が飛びついてペロッとしているという微笑ましい図だがそれがあの黎翔だと思うとちょっと複雑である。

それを見た紅珠は自分も猫の姿になり、夕鈴の膝に飛び乗った。

「あ、あらら、紅珠ったら」

そう言いながらもフワフワな毛並みのペルシャは気持ちがよく、つい撫でてしまう。

(ずるい!)

黎翔は目をキラッと光らせたと思うと、夕鈴の肩に両手を乗せ、

「ちゅっ」

と口付けた。

それまで歌っていた2人も紅珠も目をまんまるく見開き、当の夕鈴本人もしばらく固まったまま動けずにいた。

(…え、えっと、これもその、ファーストキス…になるの?)

夕鈴は目をぐるぐるさせてどう捉えたらいいのかパニックになってしまったが、黎翔はただ1人、パタパタ尻尾をふって喜んでいた。


それを見た浩大と克右は
(どう見ても犬がじゃれてるとしか見えないが、そんなんでもいいんだ…難儀な人だな)
と深いため息をついた。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。