< body>
狼.陛下の花.嫁の二次創作です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉フェスおまけの李順さん編
2015年11月16日 (月) | 編集 |

「…政務を放ったらかしにしたあげく、補佐官2人連れ出して、楽しいお忍びで何よりです!
ええ、その間もちろん私は地道に政務をこなしておりましたよ。
お楽しみの陛下の代わりにですね。
もう陛下恋しさのあまり死んでしまうのではないかと思う程でした。

そんな私の思いは当然長くお側にお使えした陛下のことですから、わかってくださるものと思っていましたよ。

お2人が、いえ、方淵、水月を含め4人が楽しく美味しいものを食べている間も私は食べることも出来ない状態で、このまま干からびていくのではないかとすら思いました。


で!そんな私にもちろんお土産を買って来て下さると信じておりましたよ。
それはそれはお優しいお妃様もご一緒だったんですからね!

いえ、私はいいんですよ。目先のエサにつられて仕事をしているわけではありませんからね。

しかしまさか、かくも優秀なる補佐官2名までもが、この側近たる私に対して何も買ってこないという選択をしたということが信じられなかっただけです!」



延々と続く嫌味…もとい、お説教はもうかれこれ半日近く続いていた。
もちろんその間陛下、夕鈴、方淵、水月4名は執務室に閉じ込められ、夕鈴以外の3人は政務を片付けながらありがたくもないお説教を聞かされ続けている。

「だから私はお土産を買って行くべきだと言ったのに君がいつまでたっても戻ってこないからお土産まで買う時間がなくなったんだよ。」

「何を言うか!それなら貴様が家人に命じて李順殿の分を買えば良かっただろう。」

「そこ!私語は慎む!
大体人の話を聞いていますか!
物事は最初から綿密かつ緻密な計画の元で行うことが鉄則です!…」


更に李順のお小言は続く。

水月は陛下と夕鈴に食べてもらうものを吟味していて、すっかり李順の分まで買う時間がなくなってしまい、土産は方淵に頼もうと思っていたところ、
その方淵は横入りしたゴロツキにお説教をしてはその隙にまた別のゴロツキに横入りされ、列は全く進まず、やっと買えた頃にはすっかり遅くなってもう1品買えるような時間はなくなっていたのだ。


お腹を空かせた狼にさぞ怒られるかと恐る恐る戻った2人だったが、陛下はというと、補佐官達が戻るまで夕鈴と2人っきりの時間を過ごせたことでとってもご機嫌で怒られることがなかった。

逆に水月は陛下が怒らない事が余計怖いと震え上がり、その後はひたすら無言で過ごしたため、お土産のことも言い出せなくなってしまった。



かくて、王宮に戻った途端、李順から嫌味の応酬をもらう羽目になったのである。



「いいですか!何度も言うようですが、陛下の勝手な行動の尻拭いは全て側近であるこの私に来るんです!
補佐官2人もこれからこの白陽を支えて行かなければならない存在にあるという自覚を持って、周りに気を配ることが出来なくては外交も任せることは出来ませんよ!
…」


まだまだ延々と続くお説教に1人何も出来ない夕鈴はひたすら下を向いて嵐が通り過ぎるのを願うことしか出来なかった。


この執念深さ、李順さんて蛇みたいと思ってしまったことは絶対にバレてはいけないと固く心に誓っていた。


・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。