< body>
狼.陛下の花.嫁の二次創作です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花見 白梅によせて
2016年03月22日 (火) | 編集 |
こんばんは。早いものでこちらのブログも訪問者様が1000人を超えました( *´艸`)
このような辺境のブログにお越しいただけて本当に感謝しております。
書くことで恩返しを・・・と思ってもお話があまり出てこない。

とはいえ、元々1か月に1話くらいしか書いてなかったので最近はかなり更新してる気はしてるんですけどね^^;

桜の開花宣言も出たことだしと仕事帰りの電車の中で考えてみました。
仮想中華王国ですから桜ではなく梅(白梅)のお話ですが。

臨時花嫁からの本物夫婦設定です。
離婚前くらいから

※最後に挿絵をこっそり追加しております。

ではどうぞ



陛下を好きになったのはいつだっけ?
ふと自問自答してみたけどはっきりはわからない…

最初は騙されたと思った。
いい仕事があるって言われてやって来たら縁談よけの花嫁だって言われて、
たった1か月だけ我慢すればこの仕事も終わり!そう思ったのに、ずるずると長居しちゃって。

刺客に命は狙われるし、囮にされてたり、
ほんとひどい王様だって思ってた。

でも段々貴方といる時間が楽しくて、
側にいられるのが嬉しくて、
こんな時間が長く続けばいいなと思うようになった。

貴方に恋してるって自覚してからは、
バレたらいけない。
もしバレたらもうここにはいられなくなる。
それが怖くて…



「お花見?」

「そう。僕もあんまり花とか興味なかったし、季節がどう変わろうとやることは変わらないし
特に周りに気を留めることはなかったんだけどね。

ほら、前に叔母上が来た時に行った場所ね、あそこは梅の木がすごくたくさんあって
多分夕鈴は好きなんじゃないかと思うんだ」

「はい!見たいです」

「じゃあ見頃になったら行こうね」



見頃になったら…
この寒い冬から春先にかけて見頃になる梅の花。

それまで私はいられるのかな?

演技に本物の気持ちを混ぜて少しずつ貴方への想いが膨らんでいく。
このままバレずにそばにいられる?

ずっと続いて欲しい…




「もう終わりにしよう」

突然告げられたバイトの終了。
涙が止まらなかった。

結局貴方への想いを告白することなく下町に戻った。



「何が見頃になったら花見に行こう!よ。
そんな気なんてなかったんじゃない!」

夕飯のために生地をビタンと音がするほど叩きつけこれでもかとこねくり回す。

「あー!もう腹が立つ!
なんだってあんな面倒な人好きにならなきゃいけないのよ!」

「お妃ちゃん…今日はまた荒れてんね。
まぁその分生地がよくこねられて点心がまた美味しいってのは思わぬ副産物だけどさ」

「って、何言ってんの浩大!
見張りのためにご飯作ってるんじゃないわよ!勝手につまみ食いしないでよ」

と、プンプン怒りながらいつも同じようなやり取りをしているが、
しっかり家族3人分にしては多い量を作ってることは浩大もちゃんと気づいていた。



「春が近づいたら…あの時は本当にそう思ってくれたのかな…」

陛下、もうすぐ春ですよ。梅…一緒に見たかったな…






……と、思っていたのに、



「夕鈴、どうしたの?」

「はっ、あ、え?陛下?
あれ?私…」

「どうしたの夕鈴。さっきからぼーっとして」

「あ、な、なんでもありません。ちょっと昔のことを思い出しただけです」


そう。あんなに泣いて、もう陛下と並ぶ日なんて
絶対来ないと思っていた。

それなのにどうしてか今あなたの横にいる。

「あ、そうかぁ」

「何?」

「あ、いいえ。『忍耐』かなと思って」

「忍耐?」

「梅ってたくさん花言葉があるんですけど、私には忍耐かなと」

「ふうん・・・忍耐・・・ね。そうかもね。
でもさ、どっちかっていうと、僕は忍耐だけど夕鈴は『不屈の精神』の方が合うんじゃない?」

「ええ!? なんで!?」

「だって何事も諦めないで突進してくるなんてそれしかないよね。
でもさ、そのおかげで約束が果たせたから僕はほんとに嬉しいんだよ。
ありがとう、夕鈴」

「約束・・・覚えてたんですか?」

「うん」

そう。
いくつもの春を越えて今日貴方とここに来ることが出来た。
あの日の約束から時間はかかったけど。

まだ肌寒い日々が続くけれどあの時のような不安はない。
満開の白梅の中で貴方の差し出した手を迷わず取れる。

たくさんの不安も心配もまだあるけど
きっとこの先も貴方と・・・・

ううん。2人じゃない。
あなたも一緒に歩いて行くのよ。

夕鈴はそっとお腹に手を添えた。



・・・・・・・・・・・・・

梅の花言葉では忍耐はどこにでも出てきますが
不屈の精神ってあんまりないみたいで
調べたサイトでは1か所しかなかったけど
夕鈴ってこっちの方があってそうということで採用しました。

※画像追加しました。
この話とは別に描いたのですが、なんとなく大人っぽい夕鈴で
梅をバックにしたのでこの話に合ってるかなーと。

yuurin ume4
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まぁぁぁ(#^.^#)♡更新♡読めて嬉しいです!

やはりお互いが気持ち抑えていた時期の《未来》のことについての約束‥覚えているとおもいます。
おなかに暖かい気持ちにさせてくれる存在もあるみたいですし、春の訪れを感じるお話でとても好きです(≧∇≦)
不屈の精神!って!ザ・ゆーりん、ですよね\(^o^)/

梅の花、実、酒、香、大好きです(*^^*)
主人との初デートが梅の名所の公園でした。買ってもらったワンピース着て撮った写真がありますよー。まだ大学生‥(#^.^#) 流石に若いです!ピッチピチ!

今日は20度あって花粉もかなり飛んでいる気がします。春ですね〜!
2016/03/23(水) 14:11:31 | URL | タイフーンです(≧∇≦) #-[ 編集]
タイフーンです様
お話とても好きと言ってくださってありがとうございます♡
書く上でコメントもらえるって
ほんと救われるんですよぉ!
反応ないと、あー、つまらないもの書いちゃったかなとすぐ凹みます^^;
そういう意味でいつも癒しになってます。
ありがとぉぉぉぉ!

> 梅の花、実、酒、香、大好きです(*^^*)

私も大好きです!
特に梅酒の梅が大好物ですよ!

さて、LaLa買いに行ってきます
2016/03/23(水) 18:36:00 | URL | まるねこ #-[ 編集]
おおお。
心がほんのり温かくなるようなお話を
ありがとうございます。
2016/03/24(木) 23:32:00 | URL | けい #-[ 編集]
けい様
コメントありがとうございます♡
あったかくなりましたか?春に向けて書いたのに今日は寒くてたまらないですねー(>_<)
少しでも暖かい空気を感じて頂けたなら嬉しいです*\(^o^)/*
2016/03/24(木) 23:40:36 | URL | まるねこ #-[ 編集]
こんにちはぁ♪
素敵なお話、ゴチでしたぁ!!
『不屈の精神』!まさに夕鈴ですね!!
梅にそんな花言葉があるとは知りませんでした☆
そして陛下!サラリと「僕は忍耐だけど…」って!
何を耐え忍んでおられるのですかぁぁぁ?!
嫁への愛情ですか(//∀//)?!
お子様できてもラブラブですな!
春うららな気分を、ありがとうございました♪
2016/03/26(土) 13:13:14 | URL | もずく #-[ 編集]
もずく様
コメントありがとうございます(^^)
陛下はきっと常にお嫁さんとイチャイチャしてたいんですよ( ̄▽ ̄)
というかまぁ、本物になるまで長いこと我慢したなぁというのもあるんではないかと。
いやいや、陛下がいつから夕鈴を好きだったのかわかりませんけど、鉄壁の理性でだいぶ我慢してましたからね。もうずっとイチャイチャしてくれればいいと思います♡
2016/03/26(土) 16:44:35 | URL | まるねこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。