< body>
狼.陛下の花.嫁の二次創作です
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩りシリーズ イチゴ狩り
2016年04月02日 (土) | 編集 |
こんばんは。1週間遅れでやっとUP
今回はオリキャラが出ます。でも名前とか国名考えられなかったので具体的な名前は出していません←
その分いつものメンバーが出ていないのでいまいち盛り上がりにかけるお話になってしまいました・・・
なんというかオチがない…そんな感じです。

単なるイチゴ狩りの小話になってしまいましたが、それでもよければ続きをどうぞ。



「イチゴ狩りで交流…ですか?」

「はい。隣国の太子と皇女がいらっしゃるのですが、皇女はまだお小さいので楽しく交流が出来ればということから
そのように決定しました。
イチゴ園の者に確認してみたところ、今年の冬は寒かったのでまだイチゴも旬でたくさんあるそうですよ」

このところ他国からの訪問が相次いでいる。
前回は夕鈴は宴会のみ顔を出す程度でよかったが、今回やってくる隣国の使者は15歳の太子と10歳の皇女。
酒宴でもてなすことは出来ないので昼間に宴席をしつつ、
近くのイチゴ園でイチゴ狩りをしながら親善を図ろうということらしい。

「従って、今回は皇女のお相手をしていただかなければなりません。
そこはお妃様、あなたの出番ですよ。退屈しないよう十分もてなしてください」

「はいっ!頑張ります李順さん!」

「無駄にやる気出さないでください。余計心配になってきました」

自分で言ったくせにはぁぁーっと盛大にため息をついていたが、
夕鈴はがぜんやる気になっていた。

(太子も15歳。青慎よりは上だけどきっとまだ遊びたい盛りだろうし、皇女だってかわいいに違いない!
うわー、すごく楽しみ♪)

そんな夕鈴を見て陛下はなんとなく面白くない顔をしていたが、
イチゴ狩りが楽しみで仕方がないとはしゃいでいる夕鈴が気付くことはなかった。


その後も
「あ、夕鈴、今日は早く後宮に戻れそうだから」

「あ、申し訳ありません、陛下。今日は侍女さんたちとおもてなしのお菓子を色々作ってみて
何がいいか相談する予定なのでちょっと遅くまでかかるかもしれません」

またある日は
「夕鈴、今日はお昼に時間が取れそうだから一緒に東屋で昼食を・・・」

「あ、申し訳ありません。実はイチゴ園がとっても広いそうなのでどこのイチゴが一番甘くて美味しいのか事前に一度味見してみようと朝から行ってみるつもりなんです」

そんなやりとりが続き、すっかり親善交流に夕鈴の気持ちは取られてしまっていた。




そして親善交流の日
当日は晴天に恵まれ、朝から早速イチゴ狩りが始まった。

「夕鈴、他国の使者もたくさん来てるから僕のそばを離れないでね」

「えっ。でも私皇女のお相手を」

腕を取ろうとしたその時に李順から他国の太子を皇女を紹介され、夕鈴にするりとかわされてしまった。


太子は15歳ながらも次期国王として幼い頃から育てられているだけあって年齢よりはしっかり見えたが
皇女は逆に体が小さいこともあり、年齢よりもかなり幼く見え、くりくりとした目に漆黒の艶のある髪を持ち、
なんともかわいらしかった。

一目で皇女に心を奪われた夕鈴はそれからずっと皇女と一緒だった。

「皇女様、こちらに甘いイチゴがたくさんありますよ。届きますか?」

最近は立ったままでも食べられるよう高設栽培という方法が盛んなようで、
大人は食べやすいようになっているが、小さな子供にとっては高い位置にあり、
少し届きにくそうだったので夕鈴が取ってあげていた。

最初は人見知りなのか太子の後ろに隠れるようにしていたが、
イチゴをもらって食べた途端、
「おいしい!」
と笑顔になり、それからは夕鈴にべったりと張り付くようになった。

面白くないのは黎翔である。
夕鈴に近づきたくても常に皇女が張り付いて触れることも出来ない。
心なしか、わざと間に割り込んでいるようにさえ思える。

そんな黎翔の心を見透かしたように太子が近づいてきて言った。

「陛下、申し訳ございません。妹がお妃様を独り占めしてしまいまして。
私も妹があれだけお妃様に懐くとは思っていなかったのですが、
幼い頃に母に死なれてしまったので、お妃様に母を重ねているのでしょう。
でもあの子は人見知りで、いつも私の後ろにくっついていたのでこのように他人に心を許したことはとっても嬉しいのです。
しばらくお妃様をお借りしてもよろしいでしょうか」

自分よりはるかに年下の太子にそう言われてしまっては無理に夕鈴を呼ぶわけには行かず、
黎翔は渋々引き下がるしかなかった。

見ているとすっかり懐いてしまった皇女は夕鈴に抱かれて
自分でイチゴを狩ることに今度は夢中になっていた。

夕鈴も小さな皇女に抱きつかれて嬉しくて仕方がなかった。
そのままついつい時間を忘れてイチゴ狩りに夢中になってしまった。

そしてすっかりお腹がいっぱいになってしまった皇女は、
いつしか夕鈴に抱かれたまま眠っていた。

「夕鈴、そろそろ戻ろうか?姫の侍女に預けてくるといい」

「はい。あ、でも起こすのはかわいそうなのでこのままお部屋まで連れて行ってあげてもいいですか?」

そういうとそそくさと黎翔の元から去って行ってしまい、結果的に1日放ったらかしにされ、全く面白くない。

その後の宴席も不機嫌オーラを撒き散らし、李順から「親善交流なんですから、愛想よく対応してください!」と怒られたが、皇女が起きた時に一人だとかわいそうだからと夕鈴が中々戻ってこなかったため、これ以上にないくらいムッとしていた。

夜になり、すっかり拗ねてしまった黎翔だったが
夕鈴がぽつっともらした一言により、事態は一変する。

「皇女様、とってもかわいくて。
子供がいたらこんな風にいつも過ごすのかなと思ったら私も早く陛下の赤ちゃんが欲しくなっちゃいました///]

うつむき加減でそんなことを言われて今までの不機嫌オーラはどこへ行ったのかと思うほど上機嫌になり、
喜々としてイチゴのように甘いお嫁さんをたっぷり堪能することが出来たとか…。


**************************************************

必ず誰かが不憫になってしまうこの狩りシリーズ。今回は陛下にその役が回ってきました。
でもやっぱりかわいそうなので最後にご褒美を上げることにしました。

方水もアニキも出ないとなんとなく物足りないような…
でもきっと次回はタケノコ狩りに行くので下町が似合いそうな気がします。
水月さんは絶対に合わない…分出してみたくなります。
どうなるかなぁ…ではではまた~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/03(日) 04:09:38 | | #[ 編集]
Re: 嬉しいです♪( ´▽`)
yawayawaほっぺ様
コメントありがとうございます(^^)
狩りシリーズ気に入って下さって嬉しいです。
でも満足いただける話になってますでしょうか?
タケノコも楽しみにしてくださるのですね(≧∇≦) 頑張って自分も楽しくなるような話を書きたいです。
2016/04/03(日) 04:15:17 | URL | まるねこ #-[ 編集]
かわいいお話にほっこりしました♡
不憫役が陛下で笑ってしまいましたが、その分後で……美味しい思いをしたのでしょう✨
まあとにかく……夕鈴可愛いーーッ!!(((o(*゚▽゚*)o)))
2016/04/03(日) 10:30:34 | URL | えぐち #-[ 編集]
えぐちっち様
かわいかったですか?
なんかあまり話が浮かばなくて(>_<)反応があんまりなかったらどうしようかと思ってましたがよかったです(;´Д`A
2016/04/03(日) 10:45:23 | URL | まるねこ #-[ 編集]
皇女様、可愛い。
陛下、ゆーりんに翻弄されまくってますね。
そして子どもが生まれたら、
陛下、更に放置されそうです。

タケノコも楽しみにしてます。
もし水月さんが参加したらタケノコ掘らずに
竹林の風情を優雅に楽しんでそう。(⌒-⌒; )
2016/04/03(日) 12:57:51 | URL | けい #-[ 編集]
けい様
コメントありがとうございます。
確かに、子供が産まれたら陛下は放置されそうです。
そして、水月さんは確実にタケノコは掘らないと思います^^;
2016/04/03(日) 13:02:35 | URL | まるねこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/04(月) 00:07:28 | | #[ 編集]
タイフーン様
コメントありがとうございます(^^)
やはり陛下は子供だったという話になってしまったような。これが男女逆転だったら、もっとヤキモチやきそうです。子供とはいえ、夕鈴に男の子がはりついてたらひっぺがしに行きそう^^;

そして昨日はお疲れ様でした。
行事が重なると大変ですよね。お仕事も休めないし、身体が資本だと思いますが倒れないようにしてくださいね。
2016/04/04(月) 05:18:04 | URL | まるねこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。