< body>
狼.陛下の花.嫁の二次創作です
小犬の黎翔さん 20
2016年05月22日 (日) | 編集 |
だいぶ間が空いてしまいました。やっと出かけることもなくのんびりした日が出来たのでお話でも考えようかなと。
SNSの方もずっと読み専になってしまっているのでキリリクでも書こうかな。

こちらはとりあえず小犬さんが空いてしまったので少し進めたいと思います。
でも何も考えていないので指の進むままに書いてみます。←おい

【現パロとのパラレルワールド設定】
【王宮側の人間は色々な動物に変身できる設定です】
【黎翔さんはちょっとヘタレな感じです。今のところ黎→夕の一方通行】

それでは今日も読んでやろうという方はこの先にどうぞ


なんだかもやもやしたまま眠れない時間を過ごしてしまった黎翔は、
朝からソワソワしながら夕鈴を見つめていた。

当の夕鈴は特別何も変わったところはなく、いつも通りだ。

「れ…えっと、翔?どうしたのそんなに見て。お腹すいた?」

(違うよ!昨日青慎君から君のことを聞いたから心配なんだよ!)

家族がいる手前言葉に出せないので否定するようにクーンと鳴いてそっぽを向く。

と、そこへ朝から出かけていた青慎が青ざめた顔で帰宅した。


「青慎!どうしたの!?真っ青な顔して。具合でも悪いの?」

「ううん…あの、ね、姉さん…」

「何?」

「その、役に立てなくて。僕…ごめんね」

「え?」

どういうことか問いただそうとしたところへ玄関が勢いよく開く音がした。

「邪魔するよ。夕鈴は帰ってるんだろう?」

「えっ! あ、几のおばばさま!なんで?」

「ああ、いたね。ちょうどいい。ちょっとついておいで」

そう言うと夕鈴の手を引っ張って出て行こうとした。
咄嗟に黎翔は吠えて反対側の夕鈴の袖口をつかむ。

「なんだい、この犬は。あんたにゃ用はないよ。シッシッ」

そう言うと追い払おうと手を振り上げたため
慌てて夕鈴が押しとどめ

「翔。大丈夫。この人は悪い人じゃないのよ。ちょっと出てくるから。
青慎とお留守番してて」

そういうとおばば様と呼ばれた老女と出て行った。

ウーっと唸る黎翔を抱きしめて青慎がぼつりと言った。

「僕…買い出しに行くついでにおばば様に姉さんのこと断りに行ったんだ。
だけど、僕の話はどうでもいい。本人に聞くからって言われて…」



一方几家に連れていかれた夕鈴はなぜか店の仕事を手伝わされていた。
この田舎で一番大きな商店を構える代々続く几商店は扱う商品も幅広く
毎日目が回るほど忙しい。

仕事が一段落すると居間に通された。

「すまないねぇ、手伝ってもらって。
この時期は忙しくてね。ちょっと猫の手も借りたいほどだったんで。
でもやっぱりあんたは手際もいいし、根も上げないし、それとなく様子を見ていたけど
あたしの目には狂いはないようだ。
これなら鍔の嫁にはぴったりだよ」

「・・・はっ!?」

「だから、あんたを嫁に迎えるって話だよ。青慎から聞いてないのかい?
やっぱり伝えてなかったんだね」

「えええ――!」

「なんだいそんなハトが豆鉄砲くらったような顔して。
知らない仲じゃないんだし、こういう田舎ではね、幼馴染と一緒になるのが一番いいんだよ。
鍔だってまんざらでもないだろうし。
とにかく、こっちに帰ってきてるなら明日からちょっと店手伝ってもらうよ。
花嫁修業だと思って頑張んな」

一方的に決められてその日は帰されたが明日も手伝うことになってしまった。


一体どういうことかと頭の中がぐるぐる回っていたが
とにかく幼馴染である当の本人にどういうことかと問いたださないと!と思って帰宅してみると
家の方から黎翔が走ってきた。

「夕鈴!」

「あ、黎翔さん…ごめんなさい。放ったらかしにしてこんな時間まで」

「そんなことはいいんだよ。大丈夫?青慎君からちょっと話は聞いた。
幼馴染ってどんな奴?夕鈴は彼のことが好きなの?」

「えっ!…そんなことない!っていうかそんな仲じゃないわよ。会えばいつもにくまれ口ばっかりで。
毎回喧嘩になるわ」

夕鈴はありえないとブンブン頭を振って否定していたが
なんとなくその様子を見た黎翔は微妙な顔つきになっていた。


そして家に帰ってみると、そのちょっと前に着いたということで当の本人である几鍔が訪ねてきたところだった。

「ちょっと!どういうことか説明してよ!」

「おい。久しぶりに会ったっていうのに相変わらずだな。
こっちだって困ってるんだよ。今回のことは突然ばあさんが言い出したことで。
だからこうやって話に来たんだろうが」

「なんであんたと結婚なんて話が出るのよ!
大体、おばば様が勝手に言い出したことなんだったらあんたがきちんと断ってくれればいいじゃない。
私はごめんだから!誰があんたなんかと」

「こっちだってそうだよ。ばあさんが何をとち狂ってそんな話になったんだか。
俺にだって選ぶ権利はあるんだ。お前みたいなガキなんて相手にするか!」

「なんですって!」

そういうとぎゃいぎゃいと喧嘩を始めた。

その様子を黎翔はびっくりして見ていたがそっと青慎に抱きかかえられた。

「ごめんね騒々しくて。あれいつもなんだよ。
几鍔さんってすごくいい人なんだけどなぜか姉さんの前だとあんな態度になるんだよね。
周りは痴話げんかみたいに思ってるみたいだけど」

その言葉にちょっと黎翔はうつむいてしまった。

(僕にはあんな表情見せてくれたことないなぁ…
なんだかんだ言って幼馴染君と仲いいじゃん…。
それにあの彼、夕鈴のこと嫌いなんじゃなくて、どっちかっていうと好きな子ほどからかうみたいな?)

そう思うと居ても立っても居られなくなり、青慎の腕の中から飛び出していった。


「だから!とにかくおばば様にはあんたから断ってよ!」

「無理だ。お前もばあさんのことは知ってるだろ。誰もばあさんに逆らえる奴はいないんだよ。
だからこっちも困ってるんだろうが」



相変らずぎゃいぎゃい言い争いが続いている中に突然涼やかな声がかかった。

「外まですごい声が聞こえているよ。夕鈴何か困ってるの?」

「!!!」

何故かそこには人間の姿をした黎翔が立っていた。


************************************

ああ、我慢できずに人間になっちゃったよ。
さてどうなるのか。三角関係~♪
続きはまたいずれ…( ̄▽ ̄)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/22(日) 15:26:26 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
ミニバラ様になっているΣ(゚Д゚)

早速のコメントありがとうごさいました。
さすがに田舎にいる間ずっと小犬でいるわけがないですものね。
我慢できずに戻っちゃいましたよ(^▽^;)

出来るだけ早めに続きも考えまーす
2016/05/22(日) 16:04:38 | URL | まるねこ #-[ 編集]
待ってましたよっ!小犬っ!!(*゚∀゚)=3←興奮
やっぱり夕鈴と兄貴は仲良く見えるよね。
小犬さんも心配になりますわっ。
人間になった黎翔さん。
さてどうなるかな?(●≧艸≦)タノシミ♪
2016/05/22(日) 16:07:42 | URL | ふじ兎 #-[ 編集]
こんにちは|д゚)チラッ
子犬の続き発見しました(*`・ω・)ゞ
おばばさま登場にニヤニヤしましたよ。:+((*´艸`))+:。ムフフ♪
さぁ黎翔さん頑張らないと夕鈴持っていかれるよ!!(笑)
2016/05/22(日) 16:22:42 | URL | りこ #-[ 編集]
ふじ兎様
待っててくれましたかー!いや、今日はPCに張り付いてるっていうから書かねば!って頑張りましたよ。
やっぱりアニキと2人にはしておけないですものね。気になりますよ。

ただ今キリリクSSも書いてますが、これはリク主様にまず送り付けないと。
ダークな感じは暑い中で書いても進まない(*´Д`)
2016/05/22(日) 16:29:51 | URL | まるねこ #-[ 編集]
Re: こんにちは|д゚)チラッ
りこ様~!コメントありがとうございます(#^^#)
そうそう。頑張らないと持っていかれますよ。おばば様に(笑)
さてどうなるかな~( *´艸`)
2016/05/22(日) 16:33:00 | URL | まるねこ #-[ 編集]
我慢は身体に良くないよね☆
人間の姿の黎翔さんを全力で応援します!!(#^.^#)
2016/05/22(日) 17:40:39 | URL | えぐち #-[ 編集]
江口様
お忙しい中コメントありがとうございます!
そうですよ。我慢はよくないです。
人間黎翔さん頑張りますよ\(^^)/
2016/05/22(日) 17:43:46 | URL | まるねこ #-[ 編集]
おおお!修羅場?∑(゚Д゚)
ついに黎翔さん。人間の姿に。
鍔との痴話喧嘩にヤキモチ。
どうする気なんでしょう、
続きが楽しみです♪( ´▽`)
2016/05/23(月) 04:55:37 | URL | けい #-[ 編集]
けい様
コメントありがとうございます!
修羅場…かな(^_^;
どうなっちゃうかまだ考えてませんが
なるべく早く考えたいと思います\(^^)/
2016/05/23(月) 06:48:55 | URL | まるねこ #-[ 編集]
あああ~遅れました(泣
でもでもでも!
人間の姿に!!
小犬でしょげていたのでどうなるかと思いましたがww
ここからどうするのでしょうか?!すごく気になります~☆
がんばれ~陛下~~!!!
2016/05/25(水) 22:05:15 | URL | もずく #-[ 編集]
もずく様
いらっしゃいませ(*´ω`*)コメントありがとうございます!(≧▽≦)
ついに耐えきれずに人間になっちゃいましたよー。
さてさてどうなるのかなー♪
2016/05/25(水) 23:15:15 | URL | まるねこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する