< body>
狼.陛下の花.嫁の二次創作です
小犬の黎翔さん 21
2016年06月01日 (水) | 編集 |
おはようございます。
なぜか昨日書いた小犬の黎翔さん21が消えてしまい、もう一度書きました…
ええ仕事中に。
忙しい合間に書いてまた消えたら大変と思いながら…疲れましたm(__)m

ということで現在6/2 11時です。


今朝何故かコメントだけ残って
本文が、下書き保存したところまでしか残ってませんでした。

ちなみに昨日はプロポーズの日と某SNSにあり、皆さん素敵なSSをupされていたので便乗したところ、実は間違いで、6月第一日曜日ということで今年は5日だそうです。


というわけでとりあえず仕切り直しです。
ではどうぞ
**********

「おい、夕鈴、誰だよこいつ」

「あ…えっと、その」

「僕は夕鈴の東京での知り合い、いや、ボディーガードかな。
夕鈴の周りに近づく怪しい男どもを追っ払う、ね。」

「はぁ?なんだと!おい、夕鈴、お前なんか騙されてるんじゃないだろうな」

「ちょっ!何勝手なこと言ってるんですか。それになんでここに」

突然人間の姿で現れた黎翔に夕鈴はパニックに陥っていた。
何より、どう几鍔に伝えたらいいのか…
咄嗟にうまい言い訳が出て来ずにあわあわしていると

「彼女には東京で僕の仕事を手伝ってもらってるんだよ。
で、彼女がこの先進学するか就職するかで悩んで田舎に帰るっていうから
このままバイトとして僕の仕事を手伝ってもらえないかなーと説得しに来たってわけ」

と黎翔が横から説明した。
正確には現在は雇用主ではない。
ただ、夏休みに白陽国に行って花嫁役としてバイトをしたのは事実だった。
黎翔からはこれは本気だと言われたけど
あの時の自分はあくまでもバイトとして臨時花嫁をしていただけだ。

「とりあえず、君が彼女を愛しているようには見えないが、
本気で結婚する気がないならきちんとおばあさんには断るべきじゃないのか?」

「うるせーな。あいつだって俺と結婚するつもりなんかないだろうけどな。
おい夕鈴、こいつほんとにお前の雇い主なのか?変なストーカーとかじゃないだろうな」

「そんなことないわよ。とにかく、今日は帰って!」


気をつけろと捨て台詞をはいて几鍔は出て行ったが
口は悪くてもなんだかんだ心配してくれているのはよくわかる。
ただ、結婚となると話は別だ。
元々そういう対象と見ていなかったし
そんな話が出ると思っていなかったので突然の話に頭がついていけなかった。
それに加えて、黎翔がいきなり人間になってしまったことうで
更にパニックになっていた。

とそこへ

「姉さん、その人は誰?」

と青慎が心配そうに声をかけてきた。

「え、えっと…」

必死に頭の中を整理して、先ほど几鍔に行ったことを思い出す。

「あ、あの、東京でのバイト先の上司」

「え?パン屋さんって女の人じゃなかったっけ?」

「え?あああ、パン屋さんじゃなくて、その、もう一つバイトをしてて…
とりあえず、そっちの上司の…り、李翔さん」

別に黎翔の名前を出しちゃいけなかったわけでもないが、
なんとなく偽名を使ってしまった。

ただ、後から聞いたところ、結果的にはOKで、
こっちの世界にはひそかにお忍びで来ているため、
彼が来ていることをかぎつけられない方が都合がいいということだった。

青慎はなんとなく微妙な顔つきで見ていたが
(そりゃそうだろう。普通バイト先の上司が単なるバイトの実家のある田舎まで追いかけてくるはずがない)
「わかった」と素直に納得して、犬の翔がどこかに行ってしまったことをひどく心配していた。

「あ、うん。小犬ね。ちょうど来るときに家から飛び出してきたから
僕が預からせてもらうことにしたよ。
夕鈴忙しそうだしね今頃部下が知り合いの家に連れて行ってくれてるよ」

そんな都合いいことがあるか!と心の中で突っ込んでみたが
青慎は何故か納得してくれた。

「と、ところで李翔さん、ちゃんと泊まるとこあるんですよね?」

「うーん、でももう車帰しちゃったし夕鈴の家に泊まらせてほしいな」

ニコニコ小犬のような顔でそんなとんでもないことを言ってきたけど、
確かに今から宿がある場所まで行くのは大変だし、もう仕方ないので泊めることになった。

父さんはいきなり現れた黎翔さんにビックリしてたけど一緒にお酒を飲んでくれる相手が出来て楽しそうで、ぐでんぐでんに酔っ払って寝てしまった。

夕鈴はお酒が飲めないので付き合うことは出来ないけど、父さんが楽しそうにしてると、ほんとは飲み相手がいたらいいのかなと少し複雑だった。

几鍔もよく父さんと飲んでくれるけど、昔からいたせいか、なんかあまり意識したことがなかった。
家族同然と言えばそうなんだろうし、いるのも自然な感じがするけど、やっぱり結婚は考えられない。


なんとなく庭に出て星を眺めていると、黎翔さんもやってきた。

「キレイだね」

「はい。周りに何も無いので星が綺麗に見えるんですよ。田舎なんてそれくらいしか取得ありませんから」

しばらくそうして空を見上げていたが流石に朝晩はまだ寒い。

「ックション」

ついクシャミが出てしまったが、
その時にフワッと後ろから抱きしめられた。

「!?」

「冷えちゃったんだよ。あたためてあげる。それに聞いて欲しいこともあるし」

「え?」

「夕鈴、僕と結婚してほしい」



「…な、何また冗談言って…」

「冗談じゃない。本気だよ。
今までだっていつも本気だったよ。
僕は人を好きになるなんて君が初めてだった。
夕鈴のことを知れば知るほど好きになった。
だから僕のことも知って欲しいと思って君を白陽国に呼んだ。
李順のいう、縁談よけっていうのも1部あるけど、でもそれだけじゃないんだ。

こっちでの生活は捨ててもらうことになるし、君に強いることも多い。
でも、君に隣にいてほしい」

「…」


夕鈴は何も答えられなかった。
後ろから抱きしめられていたため表情も見ることができないまま、固まったまま動くことも出来なかった。


しばらくすると、フゥっとため息が聞こえて黎翔はそのまま離れて行った。
完全に足音が聞こえなくなるまで夕鈴は結局動けなかった。

家に戻ると青慎か心配そうな顔で待っていた。

「姉さん、何かあったの?
李翔さん、急な用事が出来たって迎えが来たから帰るって出てっちゃったよ」

「えっ!?」

慌てて外に出たがもう気配もなかった。

(まだそんなに時間が経ってないのに…
びっくりしたけど、…でも嫌じゃなかった…)


*********

(続く)


復活…
でもちょっと最初とは変わってる部分もあります。微妙に。

そして、新たにお二人のリンクを追加しました。
こちらもよろしくお願いします(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/01(水) 22:05:33 | | #[ 編集]
きゃあ♪
まるねこ様
れ、れ、黎翔さんがッ!プロポーズしたッ!!Σ( ̄□ ̄;)
あぁ、でも帰っちゃったの?
夕鈴が返事をしなかったから?
続きが気になる~(;>_<;)
2016/06/01(水) 22:12:59 | URL | ふじ兎 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
けい様
ひっそり訪問ありがとうございます。
小犬さんのプロポーズは切なくなってしまいました。
だって夕鈴が固まったままで動いてくれないんだもん(*´Д`)
黎翔さんがっかりしたのかなぁ・・・?
ということで続きはどうなっちゃうのかな。
まぁ几鍔問題もあるのでそのままおとなしくしてることはないだろうけど。
動きがあった方が更新出来る気がする。
6月中にはなんとか←1か月もあるじゃん
ということでまた覗きに来てくださいませ
2016/06/01(水) 22:19:06 | URL | まるねこ #-[ 編集]
Re: きゃあ♪
ふじ兎様

はい。プロポーズしてみました。なぜならプロポーズの日だったから(笑)
でもなんだか夕鈴が煮え切らないですね。
黎翔さん気付いてないかもだけど、すぐにはぐらかさないってことは
真剣な気持ちは受け止めてるってことですよー。
どう答えたらいいのかわからないのです。
自分の気持ちに気付かない夕鈴さんですが、さてどうなるのかな( ̄▽ ̄)ニヤリ
2016/06/01(水) 22:22:27 | URL | まるねこ #-[ 編集]
こんばんは|д゚)チラッ
子犬がとうとうプロポーズ!!Σ(*゚д゚ノ)ノ

もっと必死にちゃんと口説かないと…なんせあの鈍い夕鈴さんが相手ですからねぇ~。:+((*´艸`))+:。ムフフ

お返事聞かずに行っちゃったよ…(; ̄Д ̄)?ナゼ?

で、ココデ終わるの(@ ̄□ ̄@;)!!
最近各所で焦らしぷれぇが…流行ってるの?。・(つд`。)・。
2016/06/01(水) 23:52:38 | URL | りこ #-[ 編集]
Re: こんばんは|д゚)チラッ
必死に頑張ってプロポーズしてみました。…が、夕鈴が固まっちゃったから
小犬さんどっかいっちゃいましたよ。きっとかくれんぼですよ←
焦らしプレイ( *´艸`)あらっ
そんないいところで切りましたか?ムフフフ
じゃあちょっと焦らされてくださいませ←えっΣ(゚Д゚)
2016/06/02(木) 02:56:37 | URL | まるねこ #-[ 編集]
焦らしプレイだったの!?∑(゚Д゚)
……待てませんよぉ〜ッ!!!
ヾ(:3ノシヾ)ノシ バタバタ!
だって黎翔さん出てっちゃうんですもん!!!
帰っちゃったのか…それとも野宿したのか…。
気になります〜!(。-_-。)
2016/06/02(木) 15:19:47 | URL | えぐち #-[ 編集]
えぐち様
やっとコメント欄不具合解消しました\(^o^)/

ええー∑(゚Д゚)そんな焦らしプレイにしたつもりないですけど、焦らしなのか。
えっと、じゃあ頑張って早めに続きを持ってこよう。
まだ何も考えてないけど(^◇^;)
次はかわいい小犬さんの場面があるといいなぁ♪
しばしお待ち下さいませ。
2016/06/03(金) 11:12:40 | URL | まるねこ #-[ 編集]
まるねこさーん、おはようございます〜\(^o^)/
こちら土砂降りで出るのも億劫になりますが、暗くて幾らでも寝れちゃいそうです。

プロポーズしてる!そして今日が本当のプロポーズの日なんですね〜(#^.^#) 自分のその時の話、記憶にないんですよ‥

黎翔さん居なくなるって自分を落ち着かせる為かなぁ〜夕鈴も不安になると思うのに!
2016/06/05(日) 07:24:11 | URL | タイフーンです(≧∇≦) #-[ 編集]
タイフーンです様
プロポーズしましたよ(≧∇≦)
でも出てっちゃった…
夕鈴混乱しちゃうし、このままじゃよくないですよね。
早くなんとかしないと。続き頑張りますー
2016/06/05(日) 10:58:20 | URL | まるねこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する